以前、ある院長先生が、こんなことを言っていました。

 

「オレは、派遣が嫌いだ。病院に対して愛情がないし、

患者さんに対しても愛情がない!」と。

 

確かに、派遣の人は、契約した内容以外のことはしないし、

型にハマった対応しかしない。

患者さんがいるのに、時間になればピッタリ帰る。

 

その院長先生は、日曜だろうが、祝日だろうが、深夜だろう

が、お正月だろうが、ゴールデンウィークだろうが、患者さ

んから依頼があれば、100%わりませんでした。

 

 

ある日、「受付の誰かが患者さんを断った」と言って、受付

に怒鳴り込んで来ました。

それはそれはもの凄い剣幕でした。

 

 

「断った職員を見つけ出せ! 見つけたらクビだ!」と。

 

 

まさに、ドラマ ブラックペアンの渡海先生が

「邪魔!」「どけ!」と、怖い顔で怒鳴るのと同じように

鬼のような顔で怒鳴ったのです。

 

ちなみに、その病院では、派遣社員が受付を担当していまし

た。院長先生は、受付が派遣社員ということを知っててこん

な風に言ったのです。

 

 

あなたは、こんな院長先生をどう思いますか?

 

「ひどい院長先生?」 それとも、

「職員のことなんか全く考えない先生?」、

「患者さんのことしか考えない先生?」

「こんな病院では働きたくない?」

 

でも、突然 “クビだ” とか言われたら、

固まっちゃいますよね。 ビビっちゃいますよね。

 

 

実際、派遣社員の場合、正職員のように雇用契約ではないの

で、不手際があれば、すぐに契約を解除されてしまいます。

 

それに比べて正職員の場合、雇用契約なので簡単に辞めさせ

ることはできません。しかも病院の場合、医療事務に限らず

職員の入れ替わりが多く、正規の雇用契約をしている職員を

正当な理由なしで、突然クビにすれば、労基の人から指摘さ

れてしまいます。正職員は、ある意味労基から守られている

のですね。

 

いろんな働き方があるので、必ずしも “派遣は悪“ とか言うこ

とはできませんが、派遣の場合こんな風に、突然、契約解除

になったり、その職場から外されることがあるのですね。

 

そう考えると、正職員で働く方がよいのではないかと思って

しまいます。何か目的があって派遣で働いているとしても、

いずれは正職員をめざして欲しいですね。

 

結局、医療事務は、患者さんや他の職員、自院に対して

「何とかしてあげたい」いう思いですることができなけ

れば、続けることはできないかもれませんね。

 

 

 

もしあなたが、医療事務に ”向いてるかわからない” なら

 

20年以上の医療事務経験から作った

『 医療事務 向き・不向きチェックリスト 』

       +

『 向き・不向き診断 』

       +

『 あなたの弱点克服法 』

 

を、ご覧ください。 こちら からどうぞ。