3bd51795c009cd584ce3a3b063bf344c_s

 

 

「 医療事務の仕事に就いたけど、

院長先生の考えていることが分からず 」

どう接すればいいか悩んでいる

あなたへ・・・

 

 

院長先生は何を考えているのでしょう?

 

・たくさん患者さんを診ること?

・患者さんがまた来てくれること?

・カルテに書く内容を間違えないこと?

・スムーズに診察が進むこと?

・ミスがないこと?

・もれなく算定すること?

・自院の経営のこと?

 

あるいは、、、

 

・病状が悪化した患者さんを、

 他の病院に緊急で転送すること?

 

    

 

 

いろんなことを考えながら、院長先生は診療をしている

のではないでしょうか

 

 

でも院長先生は、スタッフに対して、

 

「 ダメだよ! そんなことしちゃ! 」と 怒ることは

あっても、

 

「 こんな風にして! 」 と 事前に教えてくれるような

ことはない のではないですか。

 

 

もしかしたら、、、

 

このぐらいのこと、察してよ!

みんな気をかせてやってよ! と

イライラしてる かもしれません。

 

 

もあなたは、その時、院長先生が、

なぜ イライラ してるのか

何に イライラ してるのか

 

分かりませんよね?

 

 

院長先生は、いつも 機嫌悪い んだから、、、 

と 思いますよね?

 

 

 

では、どうすれば、うまく

院長先生と接することができるのでしょう?

 

自院の経営をしている院長先生なら、自分の医院の運営

が上手くいくことを一番に考えています

 

たとえば、、、

近所に病院やクリニックができたりすれば、おそらく

院長先生は 機嫌が悪い でしょう。

 

スタッフが思い通りの動きをしなければ、

院長先生は 機嫌が悪い でしょう。

 

自分の気になっていることを、口に出さない院長先生も

多いのではないかと思います。

 

だから、

「 職場の運営に支障をきたすことはしない 」よう

自分で気づいて 注意しないといけない のです。

 

言い方を変えると、

「 職場の運営に役立つ動きをする 」ということです。

 

 

どういうことか と言うと、

近所に病院やクリニックができるかどうかは別としても、

「 職場の運営が上手くいく状態 」というのは、

 

 

「 一定数以上の患者さんが来院し、売上が立つ状態 」

を いいます。

 

 

から、「 患者さんが来なくなるようなことはしない 」

ことが大事なのです。

 

特に、受付の仕事に就いたばかりの時期は、患者さんの

名前の書き間違えや読み間違え、カルテの出し間違え等、

単純ミスをしない ことが大事す。

 

 

まずは、以下のことに注意をして動いてみましょう

 

・カルテの出し忘れをしない

・患者さんの呼び間違えをしない

・患者さんに説明間違えをしない

・変な電話を院長先生につながない

・二度手間をかけることはしない

    ⁞

 

 

院長先生は、あなたの想像もつかないようなところで、

いろんなことを考えています。だから、院長先生が気に

しているところを 1日も早く 見つけ出し、それに上手く

えるとが大事なのです。

 

もし、院長先生がすごく苛立っているようなら、一度、

間を置いて、クールダウンした頃にタイミングを見計ら

って 接するようにしてみてください

 

以上のようなところに注意をして動いていれば、

きっと事態は好転する でしょう。

 

 

 

≪ 医事マスターの オススメ

 

「要領よく医療事務の仕事をする秘訣」

レポートにまとめました。

下線部をクリックして ご覧ください。