医事マスターb

 

「仕事が辛い」「やる気が出ない」が 

気にならなくなる。その考え方とは、、、

 

 

上手くやれない人ほどモチベーションにこだわる

 

上手くやれる人は、モチベーションを上げなくてもコツ

コツできることを仕事にしています。また、モチベー

ションがなくても上手くやれることを仕事にしているの

です。

 

初心者は、そもそも自分が上手くやれる方法をわかって

いません。たとえば、医療事務をマスターするという目

標があるとします。その時に、見当違いのことをカベ・

障害と思っているのです。

 

どういうことかというと、自分が上手くやれないのは、

モチベーションが上がらないというカベ障害があるか

らだと。

 

このカベを壊せば自分は上手くやれるようになるに違い

ない。あるいは、あの先輩がいろいろ言わなければ上手

くやれるに違いない。だから、あの人が先輩じゃなけれ

ばモチベーションは上がるのだ、と思い込んでいるので

す。

 

上手くやれない人、初心者というのは、どんな分野にお

いても、変な方向に向いてしまいがちなので、その人に

ふさわしい仕事をするということが必要です。

 

ほんとうに必要なのはモチベーションではないのですよ

むしろモチベーションが一番低い状態でも力を出せるこ

となのですよ、と誰かが教えてあげることが必要なので

す。

 

 

やる気を出す方法

 

やる気の出ない人は、モチベーションを上げないとい

ないという風に思ってしまいます。無理やりモチベー

ションを上げようとするのですね。

 

ほんとうはモチベーションが一番低い時、全くやる気が

起こらないような時のパフォーマンスがほんとうの自分

のパフォーマンスなのです。

だから、一番低いモチベーションでも、仕事を進めるこ

とができないと上手くいかない。長続きしないのですね

 

先輩は意地悪だから教えてくれないとか、自分は初心者

だから一度にいろんなことを覚えられないとか、できな

い理由を探し出して、自分に問題はないと思ってしまう

のですね。

 

これでは先に進むことはできません。誰かが、モチベー

ションがなくても上手くできる方法を教えることによっ

て、上手くやれる方向に導く。この誰かの存在が大きく

影響するのです。

 

 

まとめ

 

上手く仕事ができるようになるには、モチベーションを

上げることが必要なのではなく、モチベーションが低く

てもできるようになることが必要です。

 

自分にやる気を出させてくれる人、自分では気づけない

自分の見当違いの考えを改め、良い方向に導いてくれる

人の意見を取り入れるようにしてみましょう。