医事マスターb

 

人間関係が悪化する 3段階のメカニズム

修復しにくい人間関係の実態

 

 

医療事務のスキルアップをするために、手助けとなり障

害にもなってしまう人間関係。良い人間関係が築ければ

手助けとなり、良い人間関係が築けななければ障害に

なってしまいます。

 

人間関係が悪化すると仕事に行くのがイヤになって、医

事務を辞めてしまいたいと思うこともあるのではない

しょうか?

職場に居たたまれなくなり、その人にとってはとても深

刻な悩みだと思います

 

うまくいかない人間関係を改善したい人のために、人間

関係が悪化する3段階のメカニズムと、悪化した人間関係

を修復する方法をご紹介します。

 

 

人間関係が悪化してしまうメカニズム

 

  人間関係は、

  1. 第一印象で決まり
    ⇩

  2. 好き嫌いで判断され
    ⇩

  3. 相手の感情(怒り)に触れることで関係が悪化する

 

 

1. 人間関係は第一印象で決まる

 

第一印象というのはとても大切です。なぜなら、初めて

った時から10秒以内に第一印象は決まり、その後ほと

ど変わることはないと言われているからです。

 

医療事務の先輩は、相手が自分にとってプラスになる人

のかマイナスになる人なのか警戒して見ています。

療事務だけでなく医療に携わる人は、特に警戒心が強

と言えるかもしれません。

 

 

2. 人間関係は好き嫌いで判断される

 

相手の話し方が嫌いとか、知ったかぶりをするから嫌い

とか、挨拶のしかたが気に入らないから嫌いとか、仕事

がいい加減だから嫌いとか、その人個人の価値観で好き

嫌いを判断されてしまうのです。

 

 

3. 相手の感情(怒り)に触れることで関係が悪化する

 

診療所や病院は、医師をはじめ看護師、理学療法士、医

療事務など専門職の集まりで、それぞれ自分の考えを曲

げないところがあります。それだけに、 一度 感情(怒り)

に触れてしまうと いつまでもずっと覚えていて、そのこ

とが しこり になって残ってしまうことがあるのです。

 

 

しこりは修復しにくい!

 

何かが相手の感情(怒り)に触れることで しこり になって

しまいます。

 

つまり、しこりになってしまったら それ自体を自分で修

復するのはとても難しく、自然に忘れ去られることは少

ないため、場合によってはずっと残ってしまうこともあ

るのです。しこりにまで悪化してしまったら、第三者の

力を借りなければ修復できないかもしません。

 

 

人間関係をうまくやるためには、悪化する前に

早めの対策を!

 

人間関係を悪化させないためには、初期の段階で、早め

に対策を立てれば対処することができます。

 

知ったかぶりをしないとか、きちんと挨拶をするとか、

いい加減な仕事はしないとか、、、

 

医療事務になったばかりで初心者の時期には教わる姿勢

もつことが大切です。自分で考えたり調べたりせずに

何でもかんでもすべて聞いていたのでは、先輩からイヤ

がられてしまいます。だから、ちょっとした人の動きを

観察したり、自分で調べたりしてから聞くという姿勢を

つことが必要なのです。

 

周囲に目配り気配りをして、敏感に反応して動くよう意

識してやってみましょう。

 

 

悪化した人間関係を修復する方法

 

なぜ相手との関係が悪化したのか。

思い当たる場合と、思い当たらない場合があるのではな

いかと思います。

 

思い当たる場合は、その部分を改善することで修復でき

るかもしれません。

 

思い当たらない場合は、自分が相手の気に障ることをし

て怒らせてしまったのか、何なのか、自分では気づいて

いない場合です。この場合、いずれにしても、まず、自

分と相手は価値観が違うというところを理解した上で接

することが大切です。

 

人は、基本的に自分が可愛いし、自分にとって良くな

と、良い影響を受けることを、自分を中心に考えて

るものです。だから、他人のことより自分のことを

気にかけているのです。

 

「自分にとって負担になることを、させられたり」

「院長先生から怒られことになったり」、そういうこと

避けたいのです。自分に何らかの悪影響が出るような

ことについては、感情的になってしまうことがあるので

す。

 

だから、相手との悪化した関係を修復したいのなら、相

手にとって良い影響を与えることを考え、してあげるこ

とです。これをしたら相手にとって良い影響を与える

なことをしてあげるのです。

 

おそらくほとんどの人は、自分にとって良い影響を受け

ることをしてもらえれば、イヤな思いはしないと思う

怒ったり嫌いになったりはしないでしょう。逆に、好意

をもってもらえることになるかもしれません。

 

相手にとって良い影響を与えることを見つけ出し、それ

を続けてみてください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人は、相手に何かをしてもらった場合、
無意識に相手にお返しをしてしまうもの。
そして、何かをしてくれる人には好意を持ちやすく、
その人が言っていることを、信じ込みやすい傾向がある。

人の意思決定に影響を与える要素の1つ「返報性の法則」
[社会心理学者 ロバート・チャルディーニ「影響力の武器」]より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

まとめ

 

人間関係が悪化してしこりになってしまうと修復するこ

とは難しい。自然に修復されることは少なく、ずっと

残ってしまうことがほとんどなので、しこりを残さない

めの、早めに対策を考えることが大切です。

 

また、悪化した関係を修復するために、第三者の力を借

りることが必要になあるかもしれませんが、相手にとっ

て良かれと思えることを、続けてみましょう。