「限度額適用認定証」について

 

継続的に診察が必要な患者さんは、自分の医療費負担はどの位かかるのか とても気にしています。

医療費の患者負担を減らす医療保険制度のことをご存知ない先生や事務スタッフは多く、自院の側から患者さんに対して、この制度のことを説明するケースはほとんどありません。

「限度額適用認定証」を患者さんから提示されれば減額するというような、受け身の対応のところがほとんどではないかと思います。

この制度のことを患者さんに説明して差し上げ「限度額適用認定証」を取得していただき、患者負担が減ることで、安心して自院に受診いただけることになるのではないでしょうか。

 

1カ月の医療費負担が高額になるような場合

入院/外来に関係なく、あらかじめ「限度額適用認定証」を取得することで、患者窓口負担が軽減されます。(限度額適用認定証は被保険者の所得区分により負担上限額が設定されています)

医療費が高額になるのは 入院費の場合だけ と思われがちですが、外来費でも高額な医療費になることがあります。

たとえば、
 ・ 頻回の訪問診療や、緊急往診を実施
 ・ 外来で化学療法を行い高額な薬剤を使用
 ・ 外来で高額な検査や手術などを実施
このような場合には外来でも医療費が高額になることがあります。

医療費の負担が困難という理由で、診察を受けられないと思っている患者さんがいるかもしれません。「限度額適用認定証」について、医療費負担が軽減されることを説明して差し上げることは患者さんにとってメリットがあり、診察を受けやすくするのではないでしょうか。

 

 

限度額適用認定証」の手続き方法


  申請書を提出
   
  限度額適用認定証を交付
   
  医療機関に提示
   
  負担限度額までの窓口支払い


国民健康保険、後期高齢者医療保険の場合 保険証を発行している市町村役場に申請

社会保険の場合 協会けんぽ、健康保険組合など保険者に申請

 

 

「高額療養費制度」と「限度額適用認定証」の申請について


「高額療養費制度」は、事申請 です。

1カ月の医療費の負担額が高額になった場合、自己負担限度を超えた部分について医療保険から払い戻しを受けられる制度です。

・支払った高額医療費の領収証を添えて月毎に申請することが必要で、
・支払った医療費が払い戻しされるまで3カ月程かかってしまいます。

 

それに対して、

「限度額適用認定証」は、事申請 です。

予め「限度額適用認定証」を取得し、医療機関に提示をすれば、窓口では自己負担限度額までの支払いでよく、月毎に申請する必要はありません。

 

自己負担を減らす医療保険制度について、他院では説明できない「限度額適用認定証」のことを患者さんに説明して差し上げることで自院のイメージアップが期待でき、他院との差別化が図れるのではないでしょうか。